屋号とロゴマーク

【日和や】という屋号は、柿渋などのを小売店に置いてもらう時に考えました。

屋号について

IMG_0353.JPG

 

日和(ひより)とは、

「天候・天気・空模様」

「晴れていること・天気のいいこと」

 

あらゆるものは一年中天候のお世話になります。

「いい日和」と思っていただけるものやことをお届けできればと願い屋号としました。

 

「だいどころ」は大好きな場所。

日長そこにいて、何かしらつくって暮らしたい、と思っていました。

そして、食べるものが生まれる場所。

さらに、大好きな絵本であるモーリス・センダック『まよなかのだいどころ』へのオマージュでもあります。

 

ロゴマークについて

譌・蜥後d縺ョ縺溘y縺・→繧吶%繧浩rogo1.jpg

三桝紋(みつますもん)は家紋です。(わが家の家紋ではありませんが)

日本の紋は世界に誇れるデザイン。

 

桝は「はかり売り」の際に使う規格です。

その良さは、

 

・繰り返し使える(容器) ~ 何度でも来たい

・個々にあった(量) ~ カスタマイズできる

・一目で(量が)わかる ~ わかりやすさ

 

そんな思いからロゴマークにしました。

 

また、三つの桝には

 

ひ「人とモノに誠実に」~ 材料は地元のもの国内外のものを問わず吟味。誠実な対応を心して

よ「よかったと思える場でありたい」~ 来てよかったと思える場所になればという願いを込めて

り「リラックスできる~心と体に安心」~ 家族につくるようにお店にきた方々に安心して食していただきたい 

 

こうしたお店でありたいという思いを込めています。